1459842337093.jpeg

東京・札幌・ストックホルムを拠点に活躍するデザインコレクティブCOMMUNEの上田亮代表と、下川町で7割を木コリとして森と共に過ごし、3割をデザイナーとして活動する、「フプの森」デザイナー/下川町森林組合の田邉大輔氏による、自然とともに調和して生きるデザイナーの生き方・暮らし方・働き方を考えるセミナーを開催いたします。

COMMUNEが考えるクリエイティブと調和した生き方、フプの森が提供する森のあるライフスタイルについて、お二人からお話を伺います。

『スローライフ・スローデザイン・働き方の未来』
「COMMUNE:生き方と働き方を近づける方法
「NALUQ:森のあるライフスタイル」

イベント概要
2/13(土)14:00から16:00
会場:クリエイティブサロンMEET.
   札幌市中央区北5条西11丁目8-11 Sacra bld. 4F
入場無料(受付にて、1ドリンクオーダーでご入場ください。)
参加ご希望の方はfacebookイベントページより参加ボタンをポチッとお願いします。


facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1505636593075758/

お問い合わせ:a.itoh.jp@gmail.com(伊藤)

共催:東海大学国際文化学部デザイン文化学科、COMMUNE
※東海大学トコラボ(地(智)の拠点事業)の支援により開催されます。


主な内容
COMUUNE
・COMMUNEのデザインワーク
・スウェーデンのエコな暮らし
・クリエイティブサロンMEET.
・オフグリッドカフェPHYSICAL

フプの森
・森のあるライフスタイル
・NALUQモミの木のオーガニックコスメ
・「フォレストリー・ギア」(森で必要な道具類)
・森の仕事体験(チェンソーによる下枝刈りなど)

上田さんと田邉さんの対談コーナー
・ふたりのライフスタイルと働き方。



田邉大輔氏プロフィール
下川町森林組合 造材斑(班長) 
株式会社 フプの森 デザイナー
http://fupunomori.net/

蔵王連峰の麓で森とともに育つ。デザイン・建築、森林科学を旭川や信州で学ぶ。2003年、23歳で林業の世界へ。歴史的に林業が盛んな下川町で、森林の育成を続け10年。年間5000立方メートル以上の木材を伐採、市場に供給している。

木こりの仕事の傍、トドマツ精油を製造するフプの森のブランドデザインを2008年より手がける。2015年、新ブランド「NALUQ」を発表(12月24日発売予定)。同年、下川町の高原酪農地帯「渓和(けいわ)」の森林を活用した「森のあるライフスタイル」を実践・提案している。

フプの森について
「NALUQ(ナルーク)」を展開する「フプの森」のトドマツ精油事業は、もともと未利用森林資源の活用、地域産業の活性化を目的として2000 年に下川町森林組合で始まりました。積極的に森を手入れし、持続的な林業を目指している下川町では、伐った木の枝葉も余さず活用したいという考えから精油づくりを始め、その香りに北海道モミという名前をつけました。その後、当時からの担当者らで株式会社フプの森を設立し、事業を継続しています。社名にある「フプ」とはアイヌ語でトドマツのこと。北海道が北海道と呼ばれる前からトドマツは森にあり、アイヌの人々は自然とともに暮らしていました。私たちは、その頃の森と人に敬意を表し、「森を手入れし、その一部を使わせてもらう。そんな森とともにある暮らしが誰でもできるように」という思いでものづくりをしています。

「北海道の素材であること」、「高品質を追求すること」、「森とくらすライフスタイルを伝えること」、この三つのこだわりは創業時からの思いでもあり、新ブランド「NALUQ」にも引き継がれています。

「 NALUQ」の特徴
・花やフルーツではなく、森の植物を自社で蒸留し、抽出したオイルなどがベース
・FSC® 認証の北海道モミエッセンシャルオイルを使用したオーガニックコスメとライフスタイル雑貨
・森のプロ、森林組合からスタートした北海道のブランド
・植物や動物たちが過ごす森の時間に寄り添った、あたたかい暮らしを提案



上田亮氏プロフィール
COMMUNE代表
www.commune-inc.jp
https://www.facebook.com/commune.inc

滋賀県信楽町生まれ。北海道東海大学 国際文化学部、北海道造形デザイン専門学校 グラフィックデザイン学科卒業。大学時代にはスウェーデン・ストックホルムへ2度の短期留学を経験。デザインプロダクションを経て、2005年独立。現在は、札幌・東京・ストックホルムを拠点に活動するクリエイティブコレクティブCOMMUMEとして活動し、デザインを武器にブランディングやプロデュースを行う傍ら、出会いをテーマにしたクリエイティブ・サロン「MEET.」を運営。イベントやエキシビジョンなど、様々なプロジェクトのオーガナイズを行う。

2014年には、札幌国際芸術祭にて本の交換プロジェクト「BLIND BOOK MARKET」を開催。2016年2月には、DIYやオフグリッドをテーマにしたカフェ 「PHYSICAL」をオープン予定。

最近では、スウェーデンお茶ブランド「Yuko Ono Sthlm」、フレンチレストラン「aki nagao」「french panda」「Bird Watching」、バッグブランド「HITOHARI」、カフェ&ロースター「Ritaru Coffee」などのブランディングを手がける。また、アートプロジェクト「Ribbonesia」のアートディレクションや野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」シーズンチケットデザイン、チームナックスの映画「N43°」ポスターデザインなども担当。

主な受賞歴として、2012年 NY One Show Design Silver Pencil。2012年 Tokyo TDC賞ノミネート。2011年 Graphic Design in Japan JAGDA賞・新人賞ノミネート。2010年 東京グラフィックパスポートグランプリ。2006年~2011年 SAPPORO ADC グランプリ、新人賞、ロゴ部門金賞、パッケージ部門金賞・銅賞、ウェブ部門銅賞、ジェネラルグラフィックス銅賞・会員審査賞など、他多数受賞。