パーマカルチャーデザインと自然農園の自給自足暮らし
「自然、人、そして地域と調和した農業」


12月8日(金)
17:00 - 19:00(16:30開場)

講師:酒勾 徹(岩手県花巻市 自然農園ウレシパモシリ主宰)
定員:50 名
参加費:1,000 円
主催:エコビレッジ実行委員会
共催:ゆりがはらオーガニックマーケット

循環と共生に満ちた空間での自然も人も搾取しない暮らしをモットーに、自然農園で自給自足を実践している、日本を代表する日本のパーマカルチャー実践の第一人者をお招きします。

 酒勾さんは、ニュージーランドで1年間パーマカルチャー研修、デザインコース終了後、1995 年に農園を開設。2002 年には、ニュージーランドから講師を招いて日本で初めて実践農場でのパーマカルチャーデザインコースを開催するなど、全国各地での講演活動や執筆などを通じてパーマカルチャーの普及に携わってきました。

 現在は、もともとある地形や自然植生、動植物の個性を活かした「パーマカルチャーデザイン」「作物は無肥料自然栽培」「動物には化学薬品、抗生物質、輸入飼料を無投与」の3コンセプトに基づき「自然農園ウレシパモシリ」を主宰。専業農家として3ha を耕作するとともに産卵鶏300羽、肥育豚10頭を飼育。また、県認定の受け入れ経営体として毎年数名の新規就農希望の研修生を受け入れ、指導にあたっている。さらには地域の集落営農組織の担い手・役員として地域農業との関わりも深め、地域全体がエコヴィレッジになっていくヴィジョンを抱いています。

酒勾 徹
1968 年生まれ、岩手県出身。自然栽培全国普及会東北ブロック長、社会福祉法人白ゆり共生会理事、NPO岩手子ども環境研究所理事、元岩手大学農学部非常勤講師。主な著書「パーマカルチャー」創森社(共著)。

お問い合わせ・ご予約
エコビレッジ実行委員会(事務局:ビオプラス西條デザイン内)
Tel : 011-774-8599
Fax : 011-774-8581
e-mail : eco@saijo-d.com