札幌国際芸術祭デザインプロジェクト連携イベント
地方で、デザイナーが北海道のクリエイティブの未来について考える

DESIGN IN REAL WORLD 大阪と札幌それぞれの場合

[エキシビジョン]


2017年2月19日(日) - 26(日)  12:00-19:00
※25日(土)はトークイベントのためCLOSE
入場無料

札幌国際芸術祭デザインプロジェクトの連携イベントとして、東京、大阪、札幌をベースに活動する各分野のクリエイターが集まり、北海道のクリエイティブをテーマに話し合うトークイベントと合わせて、大阪のUMA / design farmと札幌のCOMMUNEのこれまでのデザインを一同に集めた展覧会を札幌の2つの会場で開催します。

[トークイベント]の詳しい情報はこちら
 

[概要]
首都ではなく、地方都市で活動する2つのデザインファームが存在する。市場がない、予算がない、競争がない、レベルが低い、知名度がないなど、様々な課題を抱えながらも、ローカルで活動するデザイナーたちは何を考え、どのような方法でその課題を乗り越え、活動しているのか。25日に行うトークイベントに合わせて、大阪で活動し、グラフィックデザイン以外にも、関西のデザインする状況をデザインするべく「DESIGNEAST」を仲間と企画するなど、様々な活動を展開する原田祐馬氏のUMA / design farm、札幌でブランディングとデザインをベースに、イベントスペースMEET.やオフグリッドカフェPHYSICALの運営などを行うCOMMUNE、2つのデザインファームがこれまで手がけてきたデザインを展示。2つの地で、生み出されたデザインから、それぞれのリアルを伝える。[COMMUNE 上田亮]
 

[エキシビジョン1 大阪の場合]

UMA / design farm
EXHIBITION

会場:MEET.
札幌市中央区北5西11-8 SACRA BLDG.4F

UMA / design farm

原田 祐馬。1979年大阪生まれ、アートディレクター・デザイナー。UMA / design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「共に考え、共につくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。グッドデザイン賞審査委員、京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。愛犬の名前はワカメ

[エキシビジョン2 札幌の場合]

COMMUNE
EXHIBITION

会場:BLAKISTON
札幌市中央区北10条西16丁目28-145 拓殖ビル1F

COMMUNE

2005年、上田亮によりスタート。ブランディングを中心にデザインに関わるすべてのクライアントワークを行う傍ら、1年のうち1ヶ月をスウェーデンで暮らす「1/12 SWEDEN PROJECT」、札幌国際芸術祭2014にて本の交換プロジェクト「BLIND BOOK MARKET」を開催、また、イベントスペースCREATIVE SALON「MEET.」やオフグリッドカフェ「PHYSICAL」を運営するなど、インデペンデントな活動も積極的に行う。

主催: 札幌国際芸術祭実行委員会/札幌市 
助成:平成28年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業

お問い合わせ: 
札幌国際芸術祭実行委員会 
TEL. 011-211-2314
Email: info@siaf.jp